2007年06月12日

ショタじゃねー

composed by



既にメッセで本人に送ったから別にここに載せなくてよかったんだけど
syota2に使ったトランペットに感動したので晒してみた
Wallander Instruments Brass 1 Trial Editionなんだけど
Breath CCを1にしてModulationホイールで操作してやると
従来の音源とは比べ物にならない程ソレらしくなるのよ
Viva無料
posted by Gno4166 at 20:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なにこのペットすげぇwwwwww
てかベースもピアノもスゲー

1の方、この曲調でショタじゃねーって言われても信じられないなwww
Posted by 月夜 at 2007年06月13日 00:42
リバーブ関連の設定が封じられてるもんでドライさはこれが限界なんだけど
それでもこのブレスとレガートは貴重だよね
これからサックスや弦までTrial Edition出してきたらフリー界は一変するよ

1はまぁ正統派でwwww
Posted by G at 2007年06月13日 06:03
同じメロディでも編曲によってこんなに違ってくるんだよというのをわかりやすく教えてくれてありがとう。
ていうかさ、私の鼻歌がこんなことにwww
すげーw
それにしても、やっぱこのペットすごいねぇw
Posted by 尽 at 2007年06月13日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。